【ホームページ】 『そもそも、何でホームページって必要なの?』〜もはやひとり1サイトあってもよいのでは…

ホームページ・SNS・動画

こんにちわ。小林恵美子です。

『ホームページって必要なんですか?』
『そもそも、何でホームページって必要なの?』というご質問を
よくいただきます。

答えは即答で『はい』です!超重要です(^ ^)
これはホームページ制作20年のひいき目を除いても即答です。

たいせつな理由はたくさんあるのですが、
厳選して3つにまとめてみました。

  • 理由1)ホームページを持つことは、信頼を獲得すること(十分な情報開示)
  • 理由2)ホームページを持つことは、インターネット上に一軒家をつくること(かわらない普遍性)
  • 理由3)ホームページを作ることは、丁寧な接客をすること(充分な説明サービス)

詳しくご説明してみますね!

理由1)ホームページを持つことは、信頼を獲得すること(十分な情報開示)

ホームページ

インターネット検索をして、企業ホームページが出てこない
ネット上で会社の存在自体を認知されていない

ということに…。

また検索結果が、たとえば
ポータルサイトかネット電話帳のみ、といった結果だと
せっかく検索した側も
お問い合わせをするのに二の足を踏んでしまいます。

事業の情報を、世の中に発信していくことは、もはや義務。

ホームページが無い時点で、不安を与えてしまいます。
詳細を丁寧に開示しているホームページは、
相手に与える信頼度が全くちがいます。

あわせて、

『Googleマイビジネスに登録すること』

も必須事項としてお願いしています。

Googleマイビジネスは、
Google 検索や Google マップなど、
ネット検索の世界に、事業の存在と詳細を登録する住民票のようなもので、
無料でビジネス登録を作成できます。

詳しい説明は今回は省略しますが、どなたでも自分の事業を
Googleマップに掲載し、検索にヒットするよう登録することが可能です!

理由2)ホームページを持つことは、インターネット上に一軒家をつくることです(かわらない普遍性)

インターネット上に、純粋な一軒家であるホームページを建設しておくことは、
事業の軸を明示する意味でも、たいへん重みがあり、大切なことです。

インスタやFacebookといったSNSで、お客様とやりとりができるので、
ホームページの存在理由がピンとこない事業者さまもおられますが、
やはり『ホームページは超重要』です。
ホームページはインターネット上のパンフレット・名刺だからです。

SNSとの決定的違いは、仕様変更。
SNSは運営する側の都合によって、日々変わっています。
仕様変更や、コンセプト変更が、頻繁に行われます。
時にはそのプラットフォームが終了する可能性もあります。
(実際TikTokが米国で禁止の流れがありますね)
SNSは、主導権が、プラットフォーム側にあるのですね。

理由3)ホームページを作ることは、丁寧な接客をすること(充分な説明サービス)

お客様側は、ただ商品やメニューが並んでいるだけでは、
なかなかご購入や予約、申し込みまで至りません。

メニューを書いただけ、
またネットショップを開設しただけでは、
人は購買まで心動かされないです。

そのメニューの詳細を充分にお伝えする必要性があります。
SNSのような短く流れていってしまうプラットフォームでは
商品の良さを充分伝えきれない、
なので、『続きは、詳しく書いてある自社のホームページをご覧ください』

と、最後の接客と購入の是非を
チラシ、SNSといったところから、ホームページに繋げて託すことができます。

最後の一押しの役割を、信頼性のあるホームページが担うのです。

まとめ

理由3つをあげてみましたが、

現在のネット広報の仕組みづくりには、

  • 1)ホームページの作成
  • 2)Googleマイビジネスの登録
  • 3)SNSの活用

が必須、そのそれぞれの役割を
お客様への宣伝から集客、ご説明、販売の流れの中で見る目線が、
とても大切になってきますので、
あらためてまとめてみました!

参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。